ユニバース倶楽部の男性会員の費用を徹底解説

セルリアンタワー東急ホテルのラウンジ

男性費用の総額を計算しました

大人の交際までの総額は17万円

最初に結論を言います。

ユニバース倶楽部に入会し、パパ活女子をセッティングしてもらい、大人の交際をするまでに必要な費用は、17万円です。

これからユニバース倶楽部に入会をする初心者の男性が、そこそこの費用でパパ活の醍醐味を味わうための予算として、このくらいは見ておくと間違いありません。

もちろん、厳密に言えば、この金額よりも少ない予算で大人の交際を楽しむことは可能です。

逆に、お手当をもっと奮発すれば、結果的にこの金額よりも多い予算が必要になることもあるでしょう。

要するに、パパ活にかかる費用とは、男性の考え方や、お相手であるパパ活女子のレベルによって、大きく変わるものなのです。

しかし、これからユニバース倶楽部への入会を考えているあなたは、おおよその費用の目安を把握しておきたいのではないでしょうか?

そんなニーズにお応えして、この記事では、「このくらいの予算があれば大人の交際を楽しめる」という一つの目安を提示します。

そして、なぜその金額なのか、納得できる理由もきちんと証明します。

この記事を最後まで読めば、パパ活の費用に関する不安感がなくなり、パパ活女子とデートを楽しむことに集中できるようになるはずです。

ちなみに、この記事は、男性だけでなく、これからパパ活を始めたい女性にも役立ちます。

女性がユニバース倶楽部に登録し、パパ活をする場合、費用は一切かかりませんので、そもそも費用の心配をする必要はありません。

しかし、男性から直接手渡されるお手当のほかにも、男性がどのような費用を負担しているのかを把握することで、交渉次第では、男性が持っている予算を上手に調整してお手当を増やすことも可能なのです。

この記事には、そんなヒントも散りばめられています。

これからパパ活を始めたい女性の方も、ぜひ参考にしてください。

満足度はかけた分の費用に比例する

パパ活に必要な費用の中には、予め金額が決まっているものと、自分で自由に金額を決められるものがあります。

例えば、入会金やセッティング料、交通費といった費用は、予め金額が決められているため、減らすことはできません。

一方で、食事代やホテル代、お手当といった費用は、自分でコントロールすることが可能です。

予算が多い人はより贅沢をしたり、予算が少ない人はよりチープに済ませることもできるでしょう。

しかし、一つだけ必ず覚えておいて欲しいことは、あなたの満足度も予算の大小に比例するということです。

予算をケチらずに贅沢なデートをした人は、満足度の高い大人の交際を楽しめます。

逆に、予算をケチってチープなデートをした人は、満足度の低い不完全燃焼なデートで終わってしまうことでしょう。

良くも悪くも、パパ活はお金に始まりお金に終わります。

それが、パパ活の世界なのです。

但し、贅沢なデートをすることと、無駄遣いをすることは、似て非なるものと言えます。

あなたが低収入のサラリーマンだったとしても、億万長者だったとしても、無意味な無駄遣いは避けるべきです。

むしろ、無駄遣いをする余裕があるならば、それをお手当に還元すべきなのです。

出費の無駄を減らし、お手当を最大化する。

これが、良パパのあるべき姿と言えるのではないでしょうか。

大人の交際を楽しむ最小限の費用をお教えします

この記事では、最小限の予算で大人の交際を楽しむ方法を紹介します。

繰り返しになりますが、金額はあくまでも目安で、ほんの一例です。

例えば、この記事ではゴールドでの入会を想定していますが、ゴールドではなくスタンダードで我慢すれば、もっと費用は抑えられます。

しかし、その場合は選べる女性の人数が減り、さらに容姿のレベルも下がり、十分に楽しめるとは言えなくなるでしょう。

だから、あえてゴールド以上を想定しているのです。

この記事の目安を基準にしてもらえれば、あなたが交際クラブに抱いている期待を裏切ることもありませんし、無駄遣いをして不必要な浪費をすることもありません。

ぜひ参考にしてください。

ユニバース倶楽部で決められている費用

入会金

入会金の相場は、5万円を目安と考えてください。

ユニバース倶楽部は、会員クラスが4つに分かれており、そのクラス毎に入会金にも差があります。

具体的には、スタンダードが3万円、ゴールドが5万円、プラチナが10万円、ブラックが30万円です。

クラス毎の大きな違いは、オファーできる女性のレベルの違いにあります。

ユニバース倶楽部は、男性と同様に、女性もスタンダードからブラックまで会員クラスが4つに分かれており、男性会員は、自分が入会したクラス以下の女性にしかオファーできないシステムになっているのです。

つまり、男性がスタンダードで入会すると、スタンダードの女性のみにオファーすることができ、ゴールドで入会すると、スタンダードとゴールドの女性にオファーすることができます。

同様に、プラチナで入会すると、スタンダード、ゴールド、プラチナの女性にオファーすることができ、ブラックで入会すると、スタンダード、ゴールド、プラチナ、ブラックの全ての女性にオファーすることができるようになるという仕組みです。

では、なぜ一番下のスタンダードではなく、下から2番目のゴールドがベストなのでしょうか。

その答えは、金額と女性レベルとの、バランスにあります。

個人的な好みを抜きにして客観的な目線で言えば、スタンダードの女性は、どこにでもいる普通のレベルの女性です。

一方で、ゴールドの女性は、「クラスで一番」「社内で一番」と言われるレベルの女性が急に増えます。

もちろん、スタンダードのみから選ぶよりも、ゴールドを含めて選ぶ方が、その人数も一気に倍増します。

それなのに、年間でたったの2万円しか差がないのです。

だから、ゴールドがベストなのです。

もちろん、プラチナやブラックには、現役のCAや元アイドルなど、さらにハイスペックな女性がいるのも確かです。

しかし、だからと言って、いきなり10万円、30万円の入会金を払うのは、ためらいがあるもの。

おまけに、もしも入会後に上のクラスへ移行したくなったら、差額を払うだけでいつでもアップグレードできるのです。

わざわざ、最初から無理をする必要はありません。

これが、これからパパ活を始める男性にとって、ゴールドが必要十分と言える理由の一つです。

ちなみに、入会金には1年分の年会費が含まれているので、初年度は年会費を払う必要はなく、年会費が必要になるのは、2年目以降からになります。

良心的ですよね。

セッティング料

セッティング料の相場は、3万円を目安と考えてください。

ユニバース倶楽部の場合、好みの女性にオファーを出して、デートのセッティングが完了すると、セッティング料という費用がかかります。

セッティング料は、自分のクラスに関係なく、女性がどのクラスの会員かによって、金額が変わります。

具体的には、スタンダードの女性が2万円、ゴールドの女性が3万円、プラチナの女性が5万円、ブラックの女性が10万円(東京、大阪以外は8万円)です。

つまり、自分がゴールドの場合であっても、オファーするお相手がスタンダードなら、セッティング料はスタンダードの2万円になるのです。

セッティング料も良心的ですよね。

交通費

交通費の相場は、1万円を目安と考えてください。

ユニバース倶楽部を通じてパパ活女子を紹介してもらった場合、初デートの際に、交通費を渡すというルールがあります。

ユニバース倶楽部では、その交通費の金額を5千円~1万円(ブラックの女性には必ず1万円)としており、初デートの後ではなく最初に女性に手渡すのが決まりです。

初デートの際に男性から交通費が出ることや、その金額が5千円~1万円であるということは、ユニバース倶楽部の方から女性にも案内があるため、女性側もそれを受け取る前提でやってきます。

なので、これは忘れずに渡す必要があります。

交通費の金額は、5千円~1万円の範囲内であれば、自由です。

しかし、そこは黙って1万円を渡すのがスマートなパパと言えるでしょう。

もちろん、5千円だけ渡してもルール違反ではありません。

しかし、女性からの評価は落ちるでしょう。

女性からの評価が落ちれば、その後の交際の質を下げることになります。

つまり、たった5千円をケチることで、あなた自身の価値を下げ、結果的にあなたの満足度も下がることにつながるのです。

交通費は1万円。

これが相場だと考えてください。

自由恋愛にかかる費用

食事代

食事代の相場は、2万円を目安と考えてください。

これまでに紹介した入会金、セッティング料、交通費と違い、ここからは、完全に自由に決められる費用になります。

極端に言ってしまえば、食事なしのデートもルール的にはOKなのです。

ですが、一般的に言って、パパ活の初デートはお互いを知るためにも食事をするのがマストと言えるでしょう。

この初デートを一般的に「顔合わせ」と言います。

顔合わせは、パパ活女子が自分のお小遣いで行けるような安いお店ではなく、ちょっと高級なお店に連れて行き、美味しいお料理を一緒に食べる方が会話も盛り上がるに決まっています。

もちろん、どんなジャンルのお店が適しているかは、お相手の好みや年齢にもよりますが、世間一般的に言って、男女2人が食事をして、ちょっとお酒を飲んだら、少なくとも2万円はいきます。

もしもそれよりも下回るようであれば、女性から見たらちょっと期待外れで、パパとしては頼りない存在に映ってしまうかもしれません。

たかが食事、されど食事。

食事は大人の交際の前段階ではなく、既に交際の一部が始まっているという認識を持つようにしてください。

ホテル代

ホテル代の相場は、3万円を目安と考えてください。

パパ活においては、ホテルも自由に選べる予算の一つです。

しかし、ホテル選びはセンスを見られるポイントでもあり、食事と同様に、その後の交際がよいものになるか、そうでなくなるかを左右する重要な分かれ道でもあるのです。

はっきり言って、一泊1万円を切るようなチープなビジネスホテルは、パパ活女子のテンションを下げます。

ましてや、パパ活でラブホテルなんて完全にドン引きされます。

パパ活で大人の交際をするなら、最低限、ラグジュアリーホテルと呼ばれるレベルのホテルに限定すべきです。

パパ活女子は、男性がチョイスしたデートプランから、その男性の懐事情を推察し、その後の交際の是非を決定します。

しかし、それだけではありません。

自分とのデートにかかっている予算に、自分の女としての価値を照らし合わせているのです。

自分とのデートをケチって、安く済ませようとしている男性と、深い交際をしたいと思う女性はいません。

「パパ活」という言葉から女性が思い描くちょっと贅沢なイメージを体現してあげることも、良パパの仕事なのです。

お手当

お手当の相場は、3万円を目安と考えてください。

正直言って、実際のデートの現場では5万円が普通で、3万円のお手当に女性はがっかりしています。

しかし、あえて、最低限どのくらいのお手当が必要なのかと聞かれたら、3万円が最低ラインだと答えます。

そして、この金額を基準点とし、女性のデート内容に応じて加点していく形でお手当に反映していくのです。

例えば、容姿が期待通りだったかどうかや、やりとりのレスポンスの早さ、会話のキャッチボールの自然さ、そして、体の相性、夜の積極性など、自分にとっての満足度を、そのままお手当に反映させればよいのです。

ユニバース倶楽部の場合、事前に見ることができる情報と実際の女性との差がないことがほとんどであるため、期待を超えることはあっても下回ることがありません。

つまり、理想のタイプの女性と、期待通りの大人の交際を楽しめるのが普通なのです。

だから、最初から自然とお手当の金額も上がります。

もちろん、現役のCAや元アイドルといった付加価値が付けばさらに跳ね上がりますが、少なくとも、5万円を下回ることがないのです。

まずは、3万円を最低ラインとして、満足度でスコアリングしてくと、お手当を渡した後に割高感を感じる失敗を防ぐことができます。

おさらい

パパ活女子が求めているのはお手当

ここまで、ユニバース倶楽部でパパ活する費用の相場を紹介してきました。

入会金、セッティング料、交通費、食事代、ホテル代、お手当を合計すると、総額は17万円になります。

これが、「このくらいの予算があれば大人の交際を楽しめる」という一つの目安です。

繰り返しになりますが、もっとチープなデートをするのも、もっと贅沢なデートをするのも、あなたの自由です。

しかし、パパ活で使う金額というのは、あなたから見たお相手の価値を決める金額であり、また、それは同時に、お相手から見たあなたの価値でもあるのです。

それなりの金額しか出さないデートは、それなりのお返ししか期待できないでしょう。

ケチらずに奮発したデートは、あなたの想像を上回る満足感を得られる夜になるはずです。

しかし、この記事を読んでいる男性の中には、「俺ならもっと出せるよ」という男性もたくさんいるはずです。

そんなあなたこそ、良パパの素質がある、パパ活女子が期待している男性と言えるでしょう。

そんなあなたは、どんどん予算を奮発して、贅沢なデートを演出してみてください。

その効果は、デート中の女性の行動にも表れ、投資した分はあなたの満足度として返ってくるはずです。

但し、予算に余裕があるからといって、むやみに無駄遣いするのはよくありません。

その理由は、予算配分を間違えると、どんなに贅沢なデートをしても、女性の満足度につながらないからです。

例えば、女性の立場になって考えてみてください。

今回の記事の中で、ホテル代の相場として、3万円のラグジュアリーホテルがベターだと書きました。

では、もしも、一泊15万円のリッツカールトンを使ったら、3万円のホテルの時と比べて、女性は5倍喜んでくれるでしょうか?

答えは、ノーです。

もちろん、リッツカールトンに連れて行ってもらって、テンションが上がらない女性はいません。

しかし、女性の本音は、「ホテル代に15万円使うなら、3万円のホテルでいいから残りの12万円を現金で欲しい」。

これが現実です。

せいぜい2時間滞在するだけのホテルに15万円使われるよりも、そんなに余裕があるなら、その一部でもいいからお手当に還元して欲しいというのが女性の本音なのです。

予算が多い男性は、その予算配分に気を付けてください。

予算配分の目安としては、女性が本当に求めているものはなにかという視点でニーズを予測し、そのニーズの高いものから優先順位を付けると、失敗はありません。

女性に十分なお手当を渡し、それでも余裕があったら、食事やホテルをちょっと豪華にしてみてもいいかもしれません。

しかし、女性から見れば、それは男性の自己満足でしかないという事実も、知っておいてください。

予算が厳しい人はパパ活アプリ

この記事では、最低限必要な費用という括りで、パパ活の相場の考え方を解説してきましたが、ここまで読んでいただいた読者の中には、「そんなに出せないよ」という低収入の男性もいるはずです。

はっきり言って、この金額を出せない男性は、交際クラブでのパパ活は厳しいです。

でも、安心してください。

パパ活女子と出会うきっかけは、交際クラブだけではありません。

交際クラブではなく、パパ活アプリを通じてパパ活女子を探せば、もっと少ない予算でもパパ活を楽しむチャンスがあります。

もちろん、パパ活アプリを使う場合、交際クラブのように間に第三者が入らないので、セッティングに時間と労力が必要で、かつ、審査がないので容姿のレベルも下がります。

但し、根気よく探せば、少ない予算でパパ活を楽しめるのも事実です。

予算が厳しい人は、交際クラブで無理をするよりも、パパ活アプリで予算内の女性を探す方が、結果的に楽しめるかもしれません。

お手当なしのパパ活とは

ここまで読んだあなたは、ユニバース倶楽部でのパパ活のイメージを掴み、大人の交際を楽しんでみたいと思っているのではないでしょうか。

ユニバース倶楽部に代表される交際クラブは、パパ活アプリと違って、事前に得られる情報が多いため、対面した時にがっかりすることがありません。

毎週、色々な女性とホテルで会い、大人の交際を楽しむ日々は、忙しくも心身ともに満たされる毎日です。

繰り返しになりますが、パパ活とは、お金に始まりお金に終わるものです。

この記事でも、女性に渡すお手当を中心に、男性会員にかかる費用に言及してきました。

しかし、世の中には、お手当なしのパパ活も存在します。

「生活費が厳しいからサポートして欲しい」「将来の夢のために貯金をしたい」という目的でパパ活を始めた女性が、お手当なしのパパ活へと移行するきっかけは、実は、2つの要因が重なった時に生まれます。

1つ目の要因は、その女性から見て、男性が人として魅力的に映った場合です。

どんな男性が魅力的な男性であるかは、人それぞれ違うものなので、一概には言えません。

しかし、一つだけ言えることは、その女性から見て、「この人とまた会いたい」と思わせることができる男性であると言えます。

それは、難しいように思えて、意外と簡単なことです。

なぜならば、その女性から見て、あなたがその女性のタイプの男性になればよいのです。

それは単純に、見た目の好みもあるかもしれませんし、体の相性もあるかもしれません。

少なくとも、「この人とまた会いたい」と思わせることさえできれば、もはや財布ではなく、「手放したくない」という存在になるのです。

2つ目の要因は、金銭的なサポートを、他の男性から受けられるという条件です。

少なくとも、女性がパパ活を始める以上は、少なからず金銭的なサポートを必要としています。

「生活費が厳しいからサポートして欲しい」「将来の夢のために貯金をしたい」という目的を持っているからこそパパ活を始めたのであって、金銭的なサポートが不要であれば、そもそもユニバース倶楽部を退会しない理由などないからです。

但し、女性にとって、「この人とまた会いたい」「手放したくない」と思える男性と、金銭的なサポートをしてもらう男性は、必ずしも一人の同じ男性である必要はないのです。

ある男性で心を満たし、またある男性で財布を満たす。

これもまた、パパ活の現実の一コマと言えるでしょう。

パパ活における本当の良パパとは、お手当を弾んでくれる太パパではなく、もしかすると、心を満たしてくれる男性と言えるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA